top of page
  • 執筆者の写真よりみち出版

#10 / 地域文化の継承地点として

更新日:2023年12月1日



【この物件のポイント】【SALE】※空き家バンク登録物件です。

・茶道教室として使われるように設計されたかなり珍しい物件です。

・人気の平屋物件で、サイズもコンパクトな2DK。

・市街地で敷地面積が約175坪、四季折々の庭木が楽しめる庭付き。



 市内を走る国道153号線沿いにある100円ショップSeriaの角を曲がって約150mほどゆくと左手に見える木造平屋の一軒家です。近年田舎の平屋物件は2階建よりもDIYのしやすさやリフォームにしてもコストが抑えられるので人気がありますね。


 昭和40年に建てられた平屋の2DKは、長い間、茶道教室の会場として使われていました。玄関の床は石を埋め込んだ「洗い出し」というスタイルだったり、窓に用いられている昭和型板ガラス、木枠に鍵穴と鍵が付属していてクルクル回して開ける鍵など、随所に昭和の趣があります。ジブリアニメの「トトロ」に出てくるような佇まいのある物件です。防犯面のこともありますし、古い建物のため各所に改修が必要とされますが、今はもうつくることのない昭和の懐かしい雰囲気も活かしたいものです。



※2023年8月撮影時


※2023年7月撮影時


 

 ユニークなポイントとしては廊下の壁から出ている蛇口があります。おそらく茶道教室で使うように設計されたものでしょう。壁につけられた棚や8畳間の床の間もかつては茶道教室を構成する要素として活躍していた面影が残ります。

 住居としても利用可能な物件ですが、昨今の茶道ブームや若い世代の人たちの間でもコーヒーを嗜むように抹茶に親しむ人たちも出てきていることを考えると、これからも茶道教室や生花教室、着物の着付け教室などこの地域の文化的な継承地点となってくれたらと想像が膨らみます。


 古い物件ですので、そこそこ快適に住もうと思うと改修は必須ではあります。とくに台所、お風呂まわりはひとによってはかなりリフォームをしないと使い勝手がよくならないかもしれません。工事の費用がかかるトイレはすでに水洗になっているのはありがたいですね。

 和室も畳は全て取り替えたり、壁も塗り直しか、壁紙を使うこともあるかもしれませんが、コンパクトなサイズ感なので箇所によってはDIYしてみるのもいいかもしれません。そうやって自分の手を入れてゆくと建物にも愛着が湧いてくるものです。


 敷地面積約175坪で建物面積約21坪ですので庭のスペースがかなり広いです。撮影時は玄関前は健康茶の原料にもなるドクダミ草があたり一面を覆っていました。ドクダミは昔、親戚の庭にもたくさん生えていてドクダミ茶を出された記憶があり、ドクダミの匂いに囲まれながら懐かしい気持ちになりました。


 駐車場は玄関へと続く傾斜のあるスペース。軽自動車だったら2台分置ける広さです。普通自動車だと幅がちょっと心配かもしれません。

 近所には100円ショップのSeriaが徒歩圏内ですし、車で2、3分圏内にコンビニ、スーパー、薬局、ホームセンター、家電量販店まで揃っています。仮に車を持たなくても、日用品の買い物だったら自転車移動で済ますことも可能です。


 住居だった家族二人暮らしがイメージできるサイズ感です。田舎の戸建ては広すぎたり、部屋数が多すぎてなかなか夫婦やパートナーと暮らすには手に余るものが多いですが、その点この物件は使いやすいでしょう。

 それか思い切って、かつて茶道教室として多くの人に親しまれてきたこの場所を引継ぎ、これからのこの地域の文化的な継承地点として活用してみるのもいいかもしれませんね。

(2023.7.19)


<追記>

2023年8月、オーナーさんが庭をきれいに整えてくださいました。




【 基本情報 】

  • 所在地 駒ヶ根市赤須東10-11

  • 販売価格  980万

  • 構造 木造平屋建

  • 間取り 2DK

  • 土地面積 580.78㎡(175.71坪)

  • 建物面積 72.36㎡(21.88坪)

  • 建築年 昭和40年 

  • 電気 中部電力

  • ガス プロパンガス

  • 上水道 市営

  • 下水道 接続済み

  • トイレ 水洗

  • 設備など 駐車場(軽自動車2台)

  • 都市計画 -

  • 用途地域 -

  • 現状 空き家

  • 通学区 赤穂小学校約1.0km, 赤穂中学校1.2km

  • 備考 JR駒ヶ根駅から500m

  • 担当業者 株式会社織井不動産

  • 駒ヶ根市空き家バンク情報 売家52










閲覧数:477回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page